2017-03-16

境界線って何だろう。帰還困難区域と今回居住制限区域。

境界線って何だろう。
帰還困難区域と今回居住制限区域が解除される地域の境界ライン。

コッチは住めて、道路一本あっちは、防護服着て、許可証を提示して、バリケードの中に入れてもらって出てきたらスクリーニング検査して。

子どもに質問された時に、そんな状況を上手に説明できますか?

「あっちは、放射能で汚染されているから、入っちゃいけないんだよ」
何て教えられないですよね。
同じ町内で、いじめ、なんて発生しないですよね。大丈夫ですよね。
大人へのセミナーとか開いた方が良いんじゃないかと思うんです。

   それと猪やハクビシンはそこらじゅう徘徊しているらしいですから、町から追い出さないと怖いですね。
猪と車の衝突は多いらしいですね。

ところで、野良の猫とか犬とかいるのかなぁ?   見かけなかったなぁ 。境界ライン近くにいたら、あっちと、コッチ往き来しているんでしょうね。
子供には「触っちゃダメ」って教えるのかな?


期間困難区域では、屋敷の入口にゲートが設けられている。双葉町にて


居住制限区域が解除される町の役場の方々も気苦労が多そうです。
居住制限区域目前ですが、それと同時に復興交付金の交付の期限が確定されてしまいます。しかし、国は金銭面だけでなくソフト面で、当該地方自治体に今まで以上の支援が必要かと思います。
私たちが治めている復興特別所得税を有意義に活用してもらいたいものです。

浪江町請戸の残った住宅。この辺りも解除なのか。
防潮堤はまだ工事中。(防潮堤の高さが低いように思われますが)




復興特別所得税とは
国税庁のHP⤵︎

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/fukko/pdf/01.pdf





2017-03-13

前回と同様に、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町を訪ねてきました。

 富岡町や大熊町、双葉町、浪江町は、いわき市の中心街から僅か直線距離40km程しか離れていないというのに、復興の進み具合の温度差は激しく違う。
 いわき市内は帰宅困難区域に指定されている地区とその付近の住民が、多く避難先として移住しているようです。
 もともと、いわき市に住んでいる人に聞いたところ、「賑やかになった。人と車が増えた。道路が渋滞するようになった。知らない人が増えた」などなど話していた。帰宅困難区域から北へは南相馬市があるが、そちらどんな状況なのだろうか。

 今回は、前回と同様に、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町を訪ねてきました。
しかし、今回も双葉町は国道6号線を通り過ぎるだけとなってしまった。国道6号線から双葉町内へ入れる道路が全てゲートでシャットアウトされているのだ。基本的に事前に許可を得た住民だけが、防護服を着用して許可証を提示しないとゲートを進入できない。

国道6号線沿いの帰還困難区域の入り口のゲート(双葉町)



 帰宅困難区域内では、当たり前だが開いているお店はない。人が住んでいないのだから。避難指定地域には警察と警備の人たちは沢山いる。なんでこんなにいるんだろう。
 なんでこんなにも多くパトカーが往き来しているのだろう。盗難が横行していた時期もあったそうだが、もう今となっては、盗っていくものもないだろう。
  なにも立派な高級車のパトカーをバンバン走らせていなくても良さそうなもののと思ってしまう。
昨年は宮崎から来ている警察官と話ししましたが、その人たちの車はニッサン パルサーだったかな、違うかもしれないけど、フルっぽくて控えめのパトカーだった。遠くから来てこの車じゃ可哀そうだなと思った記憶がある。
 消防車もぐるぐる回っていました。火事が心配です。

 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町も除染作業は昨夏に比べるとかなり急ピッチに進んでいるように見えた。それと区画整理の進み、それに伴い住宅の建設戸数もかなりな増加したと思う。避難した住民が戻ってこれるように、受け入れの住宅の着工数も相当な数だと思う。
 (それにしてもここは海抜何m?しっかりとした高い防潮堤は完成していたっけかな?と思うところもありましたが。)

フクシマ 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町 復興工事
区画整理が進んでいます。(富岡町)

フクシマ 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町 復興工事
ホテルも建設中です。(富岡町)

  住民は「終の住処」と決心して戻ってくるのだろう。それには最低でもスーパーマーケットや病院やコミュニティーセンターが欲しいところだ。
もちろん高齢者が多いだろうから、介護サービスも充実してもらいたいし、小さな子供や若者と触れ合っていければ良いと思う。

フクシマ 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町 復興工事
復興公営住宅なども建設が進んでいます。(富岡町)

  急ピッチに復興してもらいたいが、慎重に時間をかけないといけない点が沢山あると思う。
今後、これ以上に原発が何らかのトラブルが起きずに「二度と避難しないでも大丈夫」の保証は誰もしてくれないし、言ってもくれないからね。

フクシマ 富岡町、大熊町、双葉町、浪江町 復興工事
浪江町郊外も住宅地や畑では除染作業も進んでいます。

フクシマから(期間困難区域の)ゲートがなくなる日が1日でも早く訪れますように(祈)。



*私の誤認識や勘違いなどもあるかもしれませんが、ご了承ください。




              「晴れ ときどき 写真。」
            http://tokidokiphoto.blogspot.jp




2017-03-01

菱田雄介著「2011」を読み始めた。

 先日から菱田雄介著「2011」を読み始めた。
表紙はご本人が2012年3月に撮影した宮城県石巻の様子だ。
その帯には以下のように表されている。

  「故郷としてのチェルノブイリ、金正日政権末期の北朝鮮、革命直後のチュニジア、洪水に沈むタイ、東日本大震災と原発事故の東北、そして街角にはAKB48。日常が非日常に転化し、再び日常に取り込まれていく。写真家・テレビディレクターの「あの年」の記録

菱田雄介さんは、キヤノン「写真創世記」2008年、2010年と佳作入選しているのだから、写真家としても折り紙つきということになる。
「2011」はページ数が書いていない。コレ何ページあるんでしょう。
厚さは約2.5cmといったところか。
まだ読み始めたばかりではあるが、写真を挿しこみながら、読みやすい文章で、訪問先の様子も頭に描きながらスイスイ読み進んでいける。
いきなり、1月1日チェルノブイリ行きから始まるのであるから、読み手のこちらも、にわかに緊張しながらページを送るのです。
  チェルノブイリの次には北朝鮮行へと続いていく。

 もうすぐで、東北大震災が起きてから6年が経ち、7年目に入ろうとしている。
津波で壊滅状態の大打撃を受けた地域は、海との境には今後こそ津波で街が流されないようにと高い防潮堤を築いている。工事が竣工している所もあれば、現在進行中のところもたくさんある。
 だが、しかし福島の原発近くだけは例外である。進んでいないのである。取り残されているのである。
町内や住宅の敷地などの除染作業は行われてはいるものの、山林などの除染作業は行われておらず、雨が降れば放射能に汚染された土砂などが、平地に流れ込んでくるのである。もちろん大気の放射能も6μSv/h超の地区がいくつもある。
ここのサイトで毎日の放射線量を発表してくれている。

福島 フクシマ 帰宅困難区域 原発 放射能漏れで通行止め
大熊町 熊川海水浴場へ通じる道路

 こんな状況であるから、国の人間は事故が起きた福島の原発には近づいて復興作業をしないのである。つまり国は誰にも復興の指示ができない。唯一指示できる相手は東電にだけ。それでも東電株を大量に保有しているお役人さんや企業がたくさんあるから、無理なことも言えない。悪循環の構図。

  今でも北西約30km先でも3μSv/h 超の地区もあるのが驚く。この辺りは立ち入り制限区域にはなっていないと思う。
浪江町、大熊町、双葉町などの帰宅困難区域以外でも放射能レベルは依然として高い状況。

μSv/h × 24h × 365日 = 26,280μSv =26mSv(年間浴びてしまう放射線量)
実際はこんな単純な計算ではないみたいですが。

 原発事故が発生する前が年間に被爆しても人体の健康に悪影響を及ぼさないとされていた基準が年間1mSvで事故後に20mSvに引き下げられました。
「「チェルノブイリ法」では、年間被ばく線量が0.5ミリシーベルト(土壌汚染が37kベクレル/m2)以上の地域で、医療政策を含む防護対策が行われる。1ミリシーベルト以上であれば、避難の権利があり、5ミリシーベルト以上の地域は、移住の義務がある」だそうです。

 デフレスパイラルからの脱出さえできないのに、それ以上に困難な難題ですから、出来るわけがない。放射能汚染が収束するのは何十年後の話しなのだろか、100年以上先の話しなのだろうか。双葉町や浪江町や大熊街の存在はどうなってしまうのだろうか?あのチェルノブイリのような廃墟と化してしまうのだろうか?そして原発事故の現場見学コースになり、悲惨な現場の見世物になってしまうのか?

福島 フクシマ 帰宅困難区域 原発 放射能漏れ区域の家は立ち入り禁止
大熊町の住宅は立ち入り禁止のバリケードが張り巡らされている。





そして、裏表紙側の帯には、こう記されている。

  想像は超える出来事の積み重ねで、歴史は綴られる。
日常は非日常へと転化し、非日常が新たな日常を生む。
2011年はすでに過去となり、
世界は混沌の中で不透明な未来へと流れていく。
戦後はいつか戦前と、震災後はいつか震災前と
呼ばれるようになるのかもしれない。
その大きな流れの中で、あらゆる価値観が激しく揺さぶられた。
2011年の記録を道標に、僕は世界に向き合っていきたい。

2014年3月 菱田雄介


  同時に読み進めている 堀江貴文著「99%の会社はいらない」 を読んでをブログに書こうと思っていたのに、
なぜか「2011」の話になってしまいました。(苦笑)






*私の誤認識や勘違いなどもあるかもしれませんが、ご了承ください。












2017-02-17

群馬県甘楽郡南牧村にて

群馬県甘楽郡南牧村

地名だけで想像できちゃうほどの過疎の村。
ただの過疎だけでなく限界集落と呼ばれてしまっています。

南牧村の人口は2000人弱(平成27年10月国勢調査)。
19歳以下が94人
65歳以上が1197人。人口の半数以上が65オーバー。
その内90歳以上が90人もです。
もっと驚きが100歳以上が7人(全員女性)でびっくりです。

参考 国勢調査のページ。
http://www.nanmoku.ne.jp/modules/profile/index.php?content_id=20

 地元の方々は「限界集落」と呼ばれていることに抵抗があるかどうかは知りませんが、私にはとても魅力的な響きのフレーズです。言われえている方はいい迷惑かな?

「限界集落」だから南牧村が私にとって魅力的というわけではありません。
私は今回訪ねたのが2回めですが、いずれも「ほっと」する場所と感じています。
 日々時間に追われ、慌ただしい普段の生活の毎日は落ち着きがなく、時々、心に乾燥注意報が発令されいいます。そんな時に、南牧村の人と出会い立ち話しした時には、心に潤いを与えてくれました。

 私は集落内を歩くだけでも良いのです。それだけで癒され効果が抜群です。
今回はゆっくりと散歩ができなかったので、次回は、ゆっくりと、のんびりと時間を気にせずに歩き回ってみたいと思います。

日本の風景 群馬県南牧村 限界集落
群馬県南牧村の街道沿いにて

日本の風景 群馬県南牧村 限界集落
群馬県南牧村の街道沿いにて

日本の風景 群馬県南牧村 限界集落
群馬県南牧村の街道沿いにて

日本の風景 群馬県南牧村 限界集落
群馬県南牧村の街道沿いにて

日本の風景 群馬県南牧村 限界集落
群馬県南牧村の街道沿いにて






              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp









2017-01-10

今年のスケジュール帳はバーチカルで。

 今年からは、久しぶりのバーチカルタイプのスケジュール帳。

 昨年の後半からは、何かと時間に追われる日々の連続。R. コヴィー的に言えば「第2領域」と「第3領域」が 私を圧迫させていた。本来私が第3領域のボリュームが多い、及び増大して行き、最も重要な第2領域がスポイルされてしまうことは芳しくないのだが、昨年末は特に、それが顕著だった。年の瀬でですので、仕方ないとも言えなくもないのですが、反省です。
 また、新年早々から、スケジュールが埋まっていく始末なので、「スケジュール手帳は、可能な限りブランクが好ましい。」とも言っていられない状況となってしまっている。

  時間も人間も限りある中で、他の者に作業を依頼しつつ、アウトソーシングを上手く活用し、本来の業務を遂行して行くことを見直さなければいけない。
 特に注意しなければいけないのが第3領域で埋め尽くされ、自分を見失ってしまうことだ。

  第2領域の時間を取り戻すために、今年前半から、バーチカルタイプでスケジューリングしていこうと考えた。第2領域と第3領域は手帳に書き込み、手帳を見る。そして、第1領域と第2領域は、勿論手帳に書き込むが、メインは脳内へ。
忙しくなると、それらが逆転してしまう恐れを、極力押さえ込ませようと思う。

  今年後半からは、また「スケジュール手帳は、可能な限りブランクが好ましい。」状態にしていきたいです。

トラベラーズノート ブルーエディション

 手帳は、お気に入りの3年目?ぐらいのトラベラーズノートのブルーエディションです。
もう一冊欲しいと思ってネットで探したらとんでもない値段になっている........。






              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp

  

2017-01-04

ホームページ リニューアル的な。

ホームページを編集しなおしました。
ちょとだけイメージ変えてみて、写真のカテゴリーと量も幾分増やしました。

 とは言うものの、極端に 「スナップ」の中身がない。「Tokyo」も少ない。
pcの中のどこかにいづれのデータもあるはずなのに、みつからない。

  今年は、「東京」を撮りに行かないといけないですね。

  ホームページはこちら
http://takayanagishu01.wixsite.com/s-takayanagis-photo


2016-11-14

あれっ 無い? 当たり前と思っていることは当たり前じゃない。

あれっ? 無い? 

仕事で EOS 8000D を使い始めたのですが、カスタム登録の設定メニューが無い?   撮影モードダイヤルに[C]のコマンドがない?

   当たり前に有ると思っていた機能が無い?

「あちゃー 」ですね。

    室内の写真を撮るに最適な設定を、テストしながら、いじくり廻して いたのですが、それを記憶してくれる機能が無い!?

いや、設定したそのものは、電源を ON/OFFしても記憶してくれていますが、例えば、自分好みに設定状態で室内を撮った直後に、動き物を撮りたいからと設定変更し、又室内を撮りましょうと言った時に、即座に自分の設定に戻れない  。
( ´Д`)y

   また、室内用の自分好みの設定 と 屋外のスナップ写真の自分好みの設定など、絶対に自分の頭に記憶できるわけないし、短時間で切り替えることなどできるわけがない。
  
  このカメラ、ものすごくたくさん便利な機能が付いて設定変更ができるのですよ。オートライティングオプティマイザー、レンズ光学補正、フリッカー低減、ノイズ低減などなど。
  これらを「する」「しない」「強い」「弱い」とか選択して、自分好みに設定変更していくのですが。  (O_O)
   カスタム登録が  で き な い 。

   軽くてバリアングルモニターで、使い慣れているキヤノンのカメラですが、 やはり、エントリーモデルは、当然有るものと思っていたのが 無い 場合が往々にしてあるものなのですね。

EOS M3 も買ってから気づいた  「リモコン端子が無いっ!?」 にも驚きましたが。

   エントリーモデルのカメラの購入って難しいですね。



室内写真 撮影 建築写真 素敵なお部屋
バリアングルモニターは超便利。





              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp














    








2016-11-13

「壊す」から「活かす」。

  今回の台北散歩も有意義な日々でした。

今回も前回の台湾散歩同様に、仕事も兼ねての訪台です。

  既存の建物が、現代にマッチしなくなってしまった昭和時代のから平成の初期の建設の建物の外観及び内観を如何に現代のニーズに対応できるのかの検討。

  単純に壊して建て替えるスクラップアンドビルドからの脱出。

  地震国日本では、耐震性など諸処の問題など考えますと、建て替えが順当な結果にたどり着くのでしょうが、現存の建物全てを、建て替えが可能とは言えない現実も多々あります。

   今回は既存の建物を意匠的観点から、築後50年ぐらいの建物が多く存在し、且つ、1階部分を店舗に改装している実例が沢山ある台北の街中に出掛けてきました。

   又、工場跡地を利用した 「華山1914文化創意産業園区」旧酒工場、「松山文創園區」旧タバコ工場、「四四南村」旧軍人村なども見学して来ました。

どれも既存の建物と改装した現代のデザインが住・商環境にマッチしているように感じ取れました。それどころか、非常に魅力的な街づくりに貢献しています。

   台北の街中の住宅用建物は、鉄筋コンクリート造5階建ぐらいのマンションタイプやレンガ造3階建などが多く建っています。1階部分を上手く利用して商業施設にして、賑わっている街をいくつか回って来ましたので、おいおい、本ブログでご紹介できればと思います。

   日本の既存の建物再生のヒントになれば幸いです。

  本内容は、株式会社 東洋土地開発のブログ「デザイン住宅 と 駅前オフィス -TOYO-より転写後再編集した文章です。


台北 台湾 建築 店舗 デザイン
台北の街中のお店

台北 台湾 建築 店舗 デザイン
台北の街中はおしゃれに改装したお店がたくさんあります。

台北 台湾 建築 店舗 デザイン
台北の街の裏路地が素敵です。

台北 台湾 建築 店舗 デザイン
「壊す」から「活かす」手本がたくさんあります。

台北 台湾 建築 店舗 デザイン
新旧の混在が心地よい台北の街







              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp









2016-11-10

本日は 雨時々曇り 台北散歩

20161110

あっ! カメラを台湾時間の設定にし忘れたっ!!
本日は台湾2日目。

「あーあ。」 と言いながらカメラの設定を日本時間から台湾時間に設定を変え始めようとしていたら、
あれっ? すでに台湾時間になっている?
前回の設定のままじゃん。と言うことは?9月に台湾に来た時から、ずーっと今まで台湾時間で、その間の日本で撮っていた写真は1時間ズレていたと言うことですね。
  
マイナス✖️マイナス=はプラスみたいなものだな。
めでたし めでたし。
♪(๑)  


赤峰街 台北 台湾 散歩
赤峰街の散歩中に見かけた外壁


台湾 台北 赤峰街散歩
個性的なお店がある魅力的な街。 台北 赤峰街散歩


台湾 台北の街中の風景
台北の街中のビル

台湾 台北 赤峰街散歩 
台北 赤峰街散歩

台北 忠孝新生 散歩
台北 忠孝新生駅近くを散歩







              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp







2016-11-09

くもり時々雨 台北散歩

2016年 11月 9日

  平日の休日を利用して、再び「台北散歩」です。

時折小雨がちらつく曇り空ですが、傘をささずに散歩ができています。

  MRTの1日乗車券(バスなし)を購入し、あちこち歩き、先ほどホテルに着いた所です。
   ひと休みしたら、夕食食べに出かけます。


2016年11月9日 台北にて

taipei dome 台北ドーム 台北散歩 台湾 
   2017年に台湾ユニバーシアード開催。




 台北 建物 建築 デザイン 台湾
 台北は個性的な建物がたくさん建っています。




              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp








2016-11-04

青空 !! 2016年 入間航空祭

  今年で何回目になるのだろうか?

  初めて入間基地に行ったのは小学生か中学生の頃だったか?あの時は父親と一緒に自宅から自転車で向かったんだっけかな?当時は「入間航空ショウ」と呼んでいたかな?複葉機でアクロバット飛行したりしていた様な記憶があるけど、どうだったかな? ブルーインパルスはF86でカラースモークだったかな? 

   親に連れて行った事数回。友達同士で航空祭が催しされていな時にも自転車で出かけた事もしばしば。草むらでは雉だとかいたり。

  高校生辺りから入間には足が遠のいておりましたが、最近数年前からまた、一年に一回だけですけど入間航空祭に行く様になりました。
  最近は人手が凄いですね。10万に超ですからね。のんびりユッタリ見て楽しんでいた時代とは違いますね。初めて見たブルーインパルスは勿論ですが、ジェットヘリを見た時は衝撃的でした。

 入間航空祭は地元に根付いたイベントですね。老若男女大勢の人たちが毎年楽しんでいる様子が見て取れます。

今年もブルーインパルスの演技に興奮して帰ってきました。
 これからも、都合がつく限り入間航空祭には行きたいですね。


シルバー インパルス 2016 入間



ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間


ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間

ブルーインパルス 2016 入間




              「晴れ ときどき 写真。」

            http://tokidokiphoto.blogspot.jp













  
  

2016-10-20

期待してます。 福島でオリンピック

  IOC の バッハ会長が 安倍首相に、野球とソフトボールの競技場候補に 福島 を提案した。一瞬 え? 耳を疑った。 「未だ除染が終わっていない 福島 でですか? 」って。

   しかし、直ぐに、コレは満塁逆転ホームラン級のアイディアじゃないかと 思った。

    東北の中で復興が極端に遅れている福島を、IOC会長が安倍首相に”喝!”の一発ですよね。
それとも、本当に 被爆地フクシマの復興が進んでおり、市民が立ち直っていると勘違いしているのか?それは定かではないが、バッハ会長は只者ではないような気がします。(森オリンピック組織委員会長にも気を使ってますしね。)

   いずれにしろ、 未だに被害を被っている、原発被災地の人々だけの問題だけでなくなりました。形や口ばかりで隠すのではなく、世界の人達に本当の ”復活 福島” の姿を見てもらわないといけないですね 。
  と、思います。

写真は2016年8月撮影

福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami


福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami

福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami


福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami

福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami

福島  Fukushima フクシマ 原発事故 meltdown  震災 復興 東日本大震災 津波 Tshunami












2016-10-10

名残惜しいけど、チェックアウト。最終日


  ノンビリと昼にホテルをチェックアウト。
寝に帰るだけの部屋でしたが、4泊もしたものだから、鍵を返すのがチョット寂しい。

ホテルから台北の駅に向かって、全荷物を背負ってフラフラとお散歩。
それにしても台北は食堂がたくさんある。ここに住んでいる人たちは自分の好みにあった食堂があるのでしょうね。

先ずは、中山駅近くの食堂で朝食。
  いきなり、注文したつもりのないものが来た。注文したのは水餃子と黒豆 蔣(に似た字)のジュースなんだけどなぁ。これ頼んだのかな~。
  運ばれてきたものが何なのかわからなかったので、隣の学生さんらしき若者に聞いてみたら
「玉米濃湯 」タマゴスープだ。
   やはり頼んだ記憶は全くないのだけれども、美味しそうだから「いただきま~す。」と思ったら、お店の人が ササっと 引き揚げていった。( ̄▽ ̄)

台湾旅行 台北 水餃子
色とりどりの水餃子

   ジュースは大型冷蔵庫から勝手に取り出して来る。
   水餃子を美味しそうな名前のやつを少しづつ注文した。どれも美味しいし、いろんな味が楽しめて楽しい。
    だけど、バラエティに富みすぎて、どの水餃子が何と言う名前のものかがわからない? 
困ったものだ^_^;
    次回はひと種類づつ注文したほうが良いかも。
   ここのお店美味しいけど、注文したやつとか量とかよく間違っているみたいな。隣りのお客さんの焼餃子が、「21個注文したのに、お皿に12個しか入っていないぞ !」みたいな事を店員さんに言ってました。
   愛想がないお店だし、注文間違えるけど、一生懸命に仕事している美味しい食堂でした。


MRT中山駅
MRT中山駅

MRT中山駅 台湾旅行 台北
MRT中山駅近くの公園にて

MRT中山駅 台湾旅行 台北
MRT中山駅近くにて

  中山駅を中心に南北に中央分離帯のある道路が伸びている。緑り豊かで児童遊園地があったりベンチがあったりで雰囲気よし。その両サイドにはそんな環境にマッチしたお店が並んでおり、お洒落な若者達が食べ歩きにお買い物して楽しそうでした。
この通りの下には地下通路があり、台北駅からずーっと北に伸びており、先日歩いて行った「雙連駅」まで続いていることがわかった。
  
 先ほど朝食を食べたばかりですが、美味しそうな、かき氷屋さんがあったので、入っちゃいました。

MRT中山駅 台湾旅行 台北 台湾かき氷
台湾かき氷


中山駅近くはその他魅力的なお店がいっぱいあるように思えた。次回来た時はこの辺りを散策すると、面白そう。

MRT中山駅 台湾旅行 台北 散歩 風景

台湾旅行 台北 散歩 風景

台湾旅行 台北 散歩 風景

台湾旅行 台北 散歩 風景

台湾旅行 台北 散歩 風景

台湾旅行 台北 散歩 風景


ホテルを出て、のんびりと中山駅界隈をうろうろしながら、台北駅のバスターミナルに着いた。

  因みに、台北のバスターミナルは3箇所あるから、自分の乗りたいバスは何処のターミナルで乗ったらいいのかは、事前にチェックしておく事をお勧めします。
(台北駅の西側に2箇所。台北駅北側に地下通路を通って1箇所あります。)
台北駅はどんどん新しくなっています。次回訪ねた時には、きっと、また変化しているでしょう。

台湾旅行 台北 散歩 風景 バスターミナル


   いよいよ、台北とお別れです。5日間の短い旅行でしたが、楽しかったです。
いっぱい歩いた。いっぱい食べた。いっぱい飲んだ。いっぱい撮った。いっぱい癒されました。

台湾旅行 台北 散歩 風景 バスターミナル

バスターミナル


再見!台湾。再見!台北。再見!大家!!