2013-09-17

ドイツに向けて  出発準備オッケー! そして成田空港へ

ドイツに向けて 出発準備オッケー! そして成田空港へ
2013年8月29日
川越(高速バス)>成田(LH715)>ミュンヘン

ルフトハンザ ドイツ


ドイツに持って行ったもの
■メインバッグ スーツケース(ワールドヘリテージ 60cm )
■カメラバッグ DOMKE F2
■パスポート ■カメラ  ■レンズ ■フィルター  ■三脚 ■カメラ用予備バッテリーと充電器+コード
■メモリーカード ■メモリーカード入れ ■iPad+充電コード ■iPad用USBコネクター 
■カードリーダー ■wi-fi+充電コード ■iPhone +充電コード  ■電源の変換プラグ  ■電源用タコ足
■財布 とお金(ユーロと円)  ■着替え  ■室内スリッパ  ■お土産用折りたたみバッグ ■トートバッグ
■常備薬  ■歯ブラシ ■ガイドブック  ■時刻表 ■チケット  ■メガネ ■折り畳み傘 ■ドイツ語会話の本等


成田エアポート

主な撮影機材
ボディ ■Canon Eos 5Dmk3 
レンズ  ■Distagon T* 1,4/35 35mm
      ■EF50mm F1.8 II(ほとんど使わなかった)
      ■EF135mm F2L USM

ボディ  ■OLYMPUS PEN E-P5
レンズ  ■LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0

三脚 SLIK CompactⅡ
雲台 Manfrotto 494RC2
(結局使わなかった)



<反省>
■撮影機材:EOS M +マウントアダプターはいらなかった。その代わりに75mm~100mm程度の明るいレンズを購入してでも持って行って方が良かったかも。+PowerShot S110でオッケー。

■OLYMPUS PEN E-P5は落下に弱かった。底部の強度に不安です。すぐ凹む曲がる。バッテリー挿入部分辺りは曲がると手で整形できたりして..。初期のpenは強かったのにな。

■三脚 結局、今回は使用しなかったが、長秒で撮りたい風景があったととき用に、やはり必要だと思う。

■iPad:写真データのバックアップにiPadを持って行ったが、iPad64GBでは、容量不足だった。自宅のPogoPlugにもWi-Fi経由でバックアップも試みたが、8GB程度のデータ転送で一晩掛りなので、一回限りで止めた。やはり持っていくならノートPCの方が良かった。ただノートPCのネックは本体と充電用の電源コードの重さそして駆動時間の短さだ。再考なり。ベストはカードリーダー>iPad(iPhone)>外付けHDDへの転送が可能になったら嬉しい。


■その他
○スーツケースの取っ手が壊れた。取っ手を止めているネジが2つ緩んでひとつは外れて行方不明。もうひとつはこれ以上緩まないようにシールを貼った。出掛ける前にチェックが必要だった。

○地下鉄とトラムの地図 を大きくコピーして持っていけばよかった。
鉄道時刻表(Thomas Cook rail guide)の必要箇所だけ、大きくコピーして持っていけばよかった。
外国の夜は室内外どこも暗い。老眼+小さい字+暗いはつらかった。(@_@;)

○荷物のほとんどが 機械類で占めていました。それと着替え。着替えは少なめで現地で洗濯をしたぐらいなのでこれ以上減らすこともできないだろう。如何にカメラとiPad周辺の機器類の量を減らしつつ軽くするかが課題です。







(随時、誤りなどがみつかり次第、訂正を重ねてまいります。予めご了承ください。)