2016-02-07

ルンビニ への道。

  ルンビニは、仏陀の生まれた地です。

   仏陀(ブッダ)には、お釈迦様、ゴータマシッタルダ、釈尊といろいろな呼び方がありますが、
とりあえず、今日のこの場ではブッダとでも呼ばせていただきましょうかね。
  余談ですが、 ネパールの飛行機会社にブッダエアーっていうのがありますね。その他にはネパール航空、シーターエアー、タラエアー、BBエアウエイズだそうです。

  ルンビニは「地球の歩き方」では西ネパールに分けられており、カトマンズからは距離にして100km程度で車での道のりは200km程です。ルンビニ近くにバイラワ飛行場がありますが、視界が悪かったりすると飛びません。今の乾季の時期には特に毎日視界が悪く、運休になる事が多いそうです。飛行場の管制塔等の安全面の設備が整っていないと言う話も聞いています。
   まあ、危ないなら飛んでくれない方がありがたいですね。

  ということで、ネパールのカトマンズ トリブバン国際空港を出て、いきなりやたら多くのタクシーの客引きや意味不明の「チップくれ!」おじさん達の先制攻撃を避けながら、手配してくれていた車に乗り込み、一気にルンビニに向かいました。

   カトマンズの中心地を抜け峠道を降りきったあたりで小休止。そこで先ずは第1のハプニング。
今回私を含めて8人の小グループでネパールに出掛けました。普段お世話になっている和尚さんのツルの一声でネパールに来たのですが、その和尚さんが、いきなりの入水!えっ? 入水と言ったらちょっと聞こえが良さそうですが、ドブに「わーっ」って転げながら落ちていってしまった。
  落ちていく前の状況がわかっていない私は、何事が起きたのか全く判らず、ただ驚くばかり。
どうやら、その休憩していたお店の7歳ぐらいの子供が和尚を抱き上げようとしたところ、軽くて持ちあがっちゃって勢い余って飛んでいっちゃったと判明しました。和尚さんは69歳の身軽な方。
  その子供はキットですが、歓迎の意を表してくれたのだと思いますが、大失敗しちゃいました。
親に怒られるのがイヤで走って逃げ隠れちゃいました。

トランジットで乗り換え時間も楽しいスワナンプール空港
  乗り換え待ちの タイ バンコック    スワナンプーム飛行場にて


スワナンプーム空港のカートのお片付け
    乗り換え待ちの タイ バンコック    スワナンプーム飛行場にて

カトマンズからルンビニンに向かう途中で。
   カトマンズからルンビニに向かう途中。


カトマンズ郊外で歓迎してくれた少年
   熱烈歓迎?だった少年。次回会った時にはどんな青年に
育っているだろうか?      再会が楽しみです。




                          「晴れ ときどき 写真。」
                      http://tokidokiphoto.blogspot.jp