2018-05-31

明日から6月。

 ここのところ葬儀が続いていた。
毎年4月ごろには葬儀があったりもしたが、今年は5月後半に集中だ。
そんな理由とは別だろうが、曜日の感覚がずれている。ゴミ出し日を間違ったり、明日は土曜日だと勘違いしたり。

 今日で5月はおしまい。4月から今日までに夏の様な暑さが続いた日もあるから、「まだ5月かい」と言った感じでした。
 
 6月も暑い日が続くのでしょうかね。その分7月以降は涼しいと良いのですけどね。


カラー 湘南 葉山 海 夜
神奈川県葉山の海にて


カラー 湘南 葉山 海 夜
神奈川県葉山の海にて






            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp





2018-05-24

佐渡

 新潟県直江津港から車と共にカーフェリーで佐渡の南に位置する小木港に渡りました。

小木港から西へと海岸線沿いに走り始めてすぐに「おやっ」と思ったことが、お地蔵さんをあちらこちらで見かけることだ。それも大切に面倒を見てあげていることに気づく。小道の分岐点や岩場のちょっとした窪みなどだ。

 それとお寺と神社の数が多い。日蓮聖人が佐渡に流され3年ほど滞在していたと言うからそれの影響かどうかは知りませんが、日蓮宗、曹洞宗、真言宗等々のお寺が島内に数多く散見されました。


 伝統、文化、自然が古来から共存共栄の中で守り続けられているんだなと思いました。

佐渡 地蔵 日本の風景
佐渡にて

佐渡 地蔵 日本の風景
佐渡のお寺にて

佐渡 地蔵 日本の風景
佐渡のお寺にて

佐渡 地蔵 日本の風景
佐渡の海岸にて

佐渡 地蔵 日本の風景
佐渡の海岸にて





            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-05-11

小島一郎や内藤正敏だな。佐渡にて

 土門拳でもなく木村伊兵衛でもなく、どちらかと言うと、小島一郎や内藤正敏 だなんて思ったが。
講釈をたれる事などできるわけでなく、理由を述べることも出来ませんが、今まで見てきた写真からすると、何となくそんな感じ。

佐渡は、平成も終わりかけようとしている今日において、昭和の中頃から現代が同居しているかの様な島の景観。民家の建物は黒く塗られた板壁に黒光りした屋根瓦の様は能登や山陰地方に似た感じがします。

 目に見える風景も能登半島に似た感じがあって、海から突き出た奇岩に、平地の少ない地形ゆえの山の斜面を利用し開墾した棚田と海のコンビネーションの風景。
海の色は富山湾のエメラルドグリーンに深みをもたせた感じですかね。

  まだまだ見ていない、感じていない日本がすぐ近くにあるんですね。



新潟県 佐渡市 佐渡の風景
佐渡の海

新潟県 佐渡市 佐渡の風景
佐渡の海
新潟県 佐渡市 佐渡の風景
佐渡市小木町
新潟県 佐渡市 佐渡の風景
佐渡市田植え作業
新潟県 佐渡市 佐渡の風景
佐渡市小木町





            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-04-25

写真展「NEW ENERGYSCAPES」 芦谷 淳 



 私は 芦谷 淳さんの写真展を見るのが密かな楽しみだったりする。

芦谷 淳さんの写真展は、毎回テーマに沿った作品を鑑賞することができる。
 今回は「NEW ENERGYSCAPES」


 ライフラインをアーティスティックに表現された作品は、その世界観にずりずりと引きずられていく。
エネルギーを生み出し、送電するための施設やらの単なる写真ではないことに、ましてや建築写真とは異なるものだと、見れば即座に気づき感じ取れるでしょう。
 
  
 送電線、変電所、風力発電機、地熱発電所等々のモノクロで表現された作品は、押し付けがましいものではなく、見たもの自由に素直な印象を持っていいと思う。
人によってはロジカル的かな?の写真展ですが、エネルギーのことを考えても良いと思うし、モノクロの妙味だったり、デザイン性だったり……と鑑賞し甲斐があります。


 私は以前から橋梁やダム、土木工事の現場などを撮るのですが、その反面「こんなの撮っても単なる自己満足の悪趣味かな」 なんて思っていたところ、数年前に知った芦谷 淳さんは、これらの被写体をきっちりと作品にして発表していたんですね。
芦谷さんの作品が「あー、 好きなもの、惹きつけられるものなら何でも、撮っていてもいいんだな」と私に教えてくれたのでした。


 海外で有名な写真家 柴田敏雄さんとも違った個性あふれる写真ですので、是非、ご覧になって見てはいかがでしょうか。

「NEW ENERGYSCAPES」

芦谷 淳 (あしや じゅん)

2018年4月25日(水)~5月7日(月)
10:30~18:30(最終日16:00終了)
リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーI&II
〒163-0690 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB(中地下1階)

リコーHP
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareshinjuku/2018/04/20180425.html?_ga=2.32582781.2139645814.1524645495-1573326788.1524645495



写真家 芦谷 淳 写真展
写真家 芦谷 淳さんの写真展


「仮装行列でも撮ってればいいんじゃない。」

WOWOW ノンフィクションW 「シャルルの幻想の島」
323 放映。

  フランスの有名写真家「シャルル フレジェ」が日本の奇祭の登場人物を撮り集めた写真集の 撮影現場を追ったドキュメント番組。
  率直に言って、シャルルに対して違和感だけが残った。
そして、その写真を見ると異様に憤りを覚えた。どれだけの有名写真家知りませんが、自分の写真を撮りたいがために、日本古来から数百年伝承され守り続けている伝統を軽んじた我が儘な発言。
 正直、「仮装行列でも撮ってればいいんじゃない。」とも思った。
  私が言うのも何ですが、さして写真が上手いとも思えないし、インパクトないし。本人はアートと言っているが、「あれは図鑑でしょう。」と思う。
もしくは「記念写真」。

  フランスでの写真展でシャルルは、こう話している。
「日本の文化の正しい理解とか 実はどうでもいいことだと思う」
「写真を通して人々と繋がることが僕を幸せにしてくれたんだ。」
「「アートの世界に「真実」なんて意味がなく みんな自由なのさ」
「ここは僕の世界だ」
「「YOKAINOSHIMA」は架空の島なんだ」」

脈拍数が上がっているのを感じながら最後まで見てしまって、かつ、一生懸命に「嫌いだ〜」を告げるブログまでアップしてしまった。



ハナミズキ
ハナミズキ

ハナミズキ
ハナミズキ

ハナミズキ
ハナミズキ






            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-04-11

満開の時期を逃してしまいました。福島県富岡町

 今年で2回目の福島県富岡町の夜ノ森の桜お花見。
今年は残念ながら、満開の時期を逃してしまい見頃は過ぎて花見客も少なかったです。
  とは言うものの、原発事故の被害をまともに受けた地域の住民と関係者が、復興に向けて動いていることが感じられたのが、ホッとします。

  富岡町や浪江町、楢葉町などを幾度も訪ねてはおりますが、住民の方々が集まった息吹のようなものを感じられるのは、こう言ったイベント以外には3.11の追悼式とお盆の花火大会ぐらいなものですので、それではあまりに寂しいものです。

福島県双葉郡富岡町 夜ノ森 桜
福島県双葉郡富岡町 夜ノ森の桜


   当たり前ですが、人がいなければ町・地域が成り立たないわけで、原発の被害を受けた事に全く関係なく、東京への一極集中はますますその傾向は強まり、国内にはいくつも過疎化で村の存続が危ぶまれている所があります。

福島県双葉郡富岡町 夜ノ森 桜
福島県双葉郡富岡町にて


   第一原発が富岡町より離れた隣りの楢葉町は復興住宅の建設が訪ねる度に増えているのには驚かされます。その又隣りの広野町では、ロボット工場の拠点にしようと計画が上がっていたりします。

  富岡町や双葉町、浪江町はまだまだ、帰還困難区域に指定されている地域とガッチリ遮断されたゲートと今後数十年向き合って行かねばなりません。

   私の住んでいる埼玉県から車で僅か4時間も掛からない場所に、放射能汚染によって人の立ち入り禁止区域があると言う現実は信じ難いですが現実です。

福島県双葉郡富岡町 夜ノ森 桜 帰還困難区域
福島県双葉郡富岡町夜ノ森の帰還困難区域のゲート

福島県双葉郡富岡町夜ノ森の帰還困難区域のゲート
福島県双葉郡富岡町夜ノ森の帰還困難区域のゲート

福島県双葉郡富岡町 富岡保育所の現在
福島県双葉郡富岡町 富岡保育所の現在

福島県双葉郡富岡町 富岡保育所の現在
福島県双葉郡富岡町 富岡保育所の現在


   ダンプの往来が激しかった富岡駅付近も、ここの所ようやく富岡町の海岸線に近づけるぐらいになったり、ホテルや駅併設の売店と食堂が開業したりと、町が動き始めているようです。

福島県双葉郡富岡町 福島第2原発と桜
富岡町から福島第2原発方面を望む

福島県双葉郡富岡町 富岡の海
ようやく富岡の海岸に近付けるようになりました。


    ただ、一方、正直な話し、前回にも話題にしましたが、震災前にもなかったような大規模なインフラ整備が地方自治体の維持管理の圧迫にならないのかなと毎回訪ねる度に素朴に疑問が湧いてきます。

福島県 富岡町 応援ステッカー グッズ
富岡町応援ステッカー 販売しています。



            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-03-19

現地を回って感じる事。

 地方自治体で管理維持していくことの負担を忘れているわけでもなく無視しているわけでもないと思うが。

期限切れで復興交付金が打ち切られるのだから、じっくりと復興計画を立てる余裕などありゃしない。地方自治体の長が町の全体開発の知識があるはずもなく、勿論経験だってない。

 ようやく東日本大震災から7年経過した今辺りから、精神的にも焦らず、じっくりと計画を立てても良いと思う。長および関係者の方達の身内も被害に遭われているだろうから精神的にも疲弊している、そんな中で国からは急いでやれ! 金はもうやらんぞ! と言っているかのように受け止められます。


復興支援 陸前高田 復興工事
陸前高田市の復興工事


  急いでやった方が良い整備工事とじっくり計画を練ってから始めた方が良い工事があると思うんですね。
 急いで行った方が良いと思うのは崩壊してしまった海岸、湾岸などの護岸の復旧工事。
 計画を練りながら企てた方が良いと思うのは街作り。

  現地を回って毎回感じる事があるんですね。それは、これだけの宅地整備工事が本当に必要なの?これだけ広い敷地を嵩上げするの?これが本当に必要な道路整備工事なの?等々です。
 大震災前から東京一極集中と少子高齢化に悩まされていた地方自治体が、大震災の混乱と国からの急務を叩きつかれ、土木工事の波に飲み込まれているかのようです。そう感じます。


復興支援 陸前高田 復興工事 震災遺構
陸前高田市内


再生可能エネルギーを利用したコンパクトシティの町の開発や地方自治体の枠を飛び越え協力し合ったグランド構想からのエリア計画街づくりが出来たら良いのになと思います。 

   各地方自治体が企業誘致合戦などしていたら、取った取られたの話になり、相互関係が薄らぎ、誘致に上手くいかなった町村は、天を見上げるばかりです。
  大規模工場はここのエリア、住宅はあちらのエリア、商業や娯楽施設はそちらのエリアと言ったゾーン計画したらどうでしょうか。 病院をコアとしてゾーン計画してみてもいいかもしれませんね。

  公共の交通機関を走らせる。この地域住民の移動手段のメインは自家用車ではなく自動車の走る道路とは別路の時間通りに運行するトラムや小型低床バスの運行。住む人、働く人。老若男女。妊婦さんや子供連れのベビーカーの親ごさんや学生さんも便利な交通機関を作れたら、コミュニティの場をつくればまた活かせると思うんです。



復興支援 石巻市内 復興工事
復興工事で工事車両の往来が激しい。


  いずれにせよ、国はパワハラ的な復興を地方に強いるやり方を見直し、今からでも遅くはないので、親心をもって、地方自治体の面倒を見るべきだと思います。



復興支援 石巻市内 復興工事 護岸工事 防潮堤
防潮堤の工事中の様子

  余計なことか、誤解かもしれませんが、正々堂々と公共事業を謳って言える反面、政治的な面が絡んでいるんじゃないの?と思うことが多々あります。なんか、安倍政権って純粋さが欠如している様に感じるんです。


復興支援 石巻市内 復興工事 護岸工事 防潮堤
防潮堤工事





            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-03-17

2018年の3.11

 3月11日からもうすぐで1週間が経とうとしている。
本日は自宅に差し込む光は温かく見上げれば青空が広がっている。
 国内の桜の開花情報もちらほらニュースから聞こえてきます。
 
 ここの所は昨夏から取り組んでいた取引の決済事と個人的な確定申告の期限とが入り混じって落ち着きのない日々が続いいましたが、先日にようやくひと段落ついたお陰で、本日はちょっとのんびりとしたリズムで過ごしています。
 マックの白いキーボードの汚れ落しなどしてみたり、録り溜めてあったビデオを観たり、デスクに散乱したカメラ機材の小物などを片付けたりして。
 買っただけで読み始めてもいない小説が出てきたりなんかして。

 今年の3.11は 10日と12日の2日間で太平洋沿岸を宮城県〜岩手県と北上してきました。

3.11 東日本大震災 復興支援 東北 気仙沼線 大谷海岸駅
気仙沼線 大谷海岸駅 今は道の駅「大谷海岸はまなすステーション」

3.11 東日本大震災 復興支援 東北 宮城県 南三陸町 防災対策庁舎
南三陸町防災対策庁舎を望む献花台

3.11 東日本大震災 復興支援 東北 陸前高田市立気仙中学校
陸前高田市立気仙中学校

3.11 東日本大震災 復興支援 東北 奇跡の一本杉
陸前高田市立気仙中学校から奇跡の一本杉を望む

3.11 東日本大震災 復興支援 東北
陸前髙田市内にて

3.11 東日本大震災 復興支援 東北
陸前髙田市立気仙中学校


2018-02-21

冬と春を行ったり来たり。

 職場の「さいたまでは、しっかりと春に向かっており、梅林公園の梅の花が咲き始めていました。
 例年恒例の「陶器市」も開催されており、梅の開花と同時に春の始まりを感じました。

 先日の日曜日は群馬県昭和村まで車を走らせ、昼頃から日没まで撮影もして来ました。天候は晴れ時々曇り時々雪と賑やかに天候が変化した割には風は強くなく、撮影には好天に恵まれた次第でした。
 昭和村の田園風景は一面雪景色の雪原が広がっており、しばしば見かける白い風景の中に家の庭先のカラフルな道具やトタンの小屋が映え私の目を楽しませてくれました。

  雪景色と梅の花咲く梅林との季節のコントラストもまた楽しくもあるのですが、頭の中が、今は冬なのか春なのか勘違いしてしまっている様な時がある次第です。

群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色



群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色

群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色

群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色

群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色

群馬県 昭和村 雪景色
群馬県昭和村の雪景色

群馬県 昭和村 雪景色 volvo xc60
群馬県昭和村の雪景色の中を走る


群馬県 昭和村 雪景色 volvo xc60




            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp

2018-02-06

共通言語

  時々思うことに、「音楽できるといいよな」
見知らぬ場所でも、言葉が通じなくとも共通言語の様に、通じる音楽ってあるよね。

 パリの駅構内や車内とかミュンヘンの街角などで、ギターで、サックスで、アコーデオンで音楽やっているのを見かけた。ギターケースにお金投げ込んでもらって。

 音楽が上手にできたら、海外でいきなり道端で演奏しちゃって、歌をうたっちゃたりしちゃったりできたら、楽しいいだろうね。

  音楽の魅力って、こういう所にもあるんだと思う。
音楽ができる人って、英語が喋れなくとも、共通言語を持っているんだな。

 写真にはない生の魅力があるよな。

 写真はお友達のバンド「Jam」の下北沢BREATHでのライブ。

音楽 下北沢 BREATH JAM ライブ
「Jam」バンドのライブ 下北沢BREATHにて



            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp



2018-01-29

「工場夜景」撮影に参加です。

  見沼田んぼ(さいたま市)を拠点に写真を通じて集まるグループの見沼田んぼを脱出しての「里ほっと『工場夜景撮影し隊 2018』」に参加してきました。  
工場萌え ですね。
  
かつて、出先で工場を撮ったことは数回はあったものの、工場夜景を目的に出掛けてきたのは今回が初めての事。

  完封吹ふ荒ぶ中、好き者は私たち以外にも沢山いるもので、皆さん思い思いのアングルで撮影しておりました。

  Kazuさん始め皆さまお世話になりました。お疲れ様でした。




  2018年1月27日 川崎にて

川崎区千鳥町にて
川崎区千鳥町にて

工場夜景 工場萌え 夜景 川崎 京浜工業地帯 
川崎区東扇島公園にて

工場夜景 工場萌え 夜景 川崎 京浜工業地帯 
川崎区千鳥町にて

工場夜景 工場萌え 夜景 川崎 京浜工業地帯 
川崎区千鳥町にて

工場夜景 工場萌え 夜景 川崎 京浜工業地帯 
川崎区千鳥町にて

工場夜景 工場萌え 夜景 川崎 京浜工業地帯 
川崎区東扇島にて








            「晴れ ときどき 写真。」
           http://tokidokiphoto.blogspot.jp